くびれを痩身エステで作る事は可能?どんな内容がおすすめ?

きゅっとくびれたウエストは、女性らしさの象徴とも言えるものですね。
ですが、いくらウエストひねり運動を頑張っても、なかなかくびれてくれないという悩みを持っている方が多いのが実情です。
自力ではなかなか作れないくびれは、痩身エステで手軽にゲットしてしまいましょう。

 

・くびれができない原因

 

くびれができないのは、体質が関係しています。
くびれというのは、痩せていれば自然にできるというものではありません。
もちろん体脂肪がウエスト周りについていればくびれませんが、痩せていてもくびれがない人もいます。
痩せているのにくびれがない体質の方の原因は、肋骨が開いていたり骨盤が歪んでいるからです。
肋骨はお腹から腰にかけて台形になっているのが正常ですが、お腹周りが開いていると寸胴になってしまいます。
また、骨盤が歪んでいると、骨盤とウエストの差がなくなってしまうのでくびれがなくなってしまうのです。
太っていてクビレがない体質の方は、当然ですが脂肪の蓄積が原因です。
このように体質によってくびれができない原因が違うので、痩身エステの施術内容は原因を解消できるものを選びましょう。

 

・痩せているのにくびれがない人は

 

痩せていてもくびれがない人は、骨盤矯正など骨格にアプローチするコースがおすすめです。
骨盤矯正コースでは痩身マシンを使ったりマッサージによって、骨盤を正しい位置に戻したり歪みを改善する施術を行います。
骨盤を矯正すると、腰からウエストまでのラインが綺麗に整います。
さらに背骨や肋骨などの歪みや開きにも効果が期待できますから、ウエストから上の部分をぐっと引き締められるのでくびれができます。
また、骨盤矯正を行うのは筋肉のバランスを整えたり、血液やリンパ液の流れをスムーズにする効果も期待できます。
骨が歪んでいると体内のめぐりが悪くなりますが、正しく整えばめぐりも改善されて健康効果にもつながります。

 

・太っていてくびれがない人は

 

太っていてくびれがない人は、キャビテーションを行う施術がおすすめです。
お腹の前面には大きな筋肉があるので、腹筋運動などをすることで引き締められます。
ですが、脇腹のインナーマッスルを鍛えるのはとても大変ですから、筋肉を使うことで脂肪を燃焼させる効果は期待できません。
キャビテーションは、皮下脂肪だけにピンポイントで働きかける痩身マシンです。
太っていてくびれがないのは皮下脂肪がつきすぎているからです。
キャビテーションでこの皮下脂肪だけを燃焼させれば、ウエストからヒップにかけて綺麗なラインが浮き出てきます。

 

くびれ作りには痩身エステが最適ですが、くびれができない原因に合った施術内容を選んでくださいね。