足がやせない人はどんな特徴がある?

 

足痩せ エステ 痩せない

「二の腕を細くしたい」「おなかを引っ込めたい」という部分やせは困難です。

 

多くの人は、ダイエット(食事制限)やエクササイズで、部分やせを狙います。

 

ですが、こういった方法では、二の腕だけやおなかだけといった形で、体脂肪を燃焼させることはできません。

 

全身まんべんなく細くなるのならば、まだいいほうです。「残したいと思っていたバストばかりやせ細る」ということも珍しくありません。

 

ただ、体のほかの部分よりも脚だけが太くなる理由は数種類あって、それぞれはっきりしています。脚は比較的部分やせに取り組みやすいのです。

 

まずは、自分はどのパターンに当てはまるかしっかりと判断しましょう。それに合わせた対策をとることが、解決への早道です。

 

目次
1.全身が太る理由と脚が太る理由
1-1.肥満する一般的な原因
1-2.特に足だけ痩せないのは?
2.脚が太る人の特徴
2-1.冷え性
2-2.運動嫌い
2-3.姿勢が悪い
3.脚が太る原因は日ごろの生活の中に

 

1.全身が太る理由と脚が太る理由

髭レーザー脱毛

1-1.肥満する一般的な原因

 

体全体が肥満していて、脚もほかの部位と同じように太いのならば、まずはオーバーカロリー(カロリーオーバー)を解消しましょう。

 

食事の量を減らしたり、間食をしているのならば、それをやめます。摂取するカロリー量を減らすのです。

 

あるいは、エクササイズを始めましょう。消費するカロリーを増やすのです。

 

摂取するカロリーよりも消費するカロリーが多ければ、その不足分は体脂肪となって蓄えられている分が使われます。

 

1-2.特に足だけ痩せないのはなぜ?

 

体の中で、「脚が特に太りやすい」「痩せようとしても努力しても、効果がない」のは、簡単にいえば「最もむくみが起きやすい」からです。

 

むくみの正体はリンパ液です。血管からしみ出して、リンパ管で回収されます。そのため血液の流れに強く影響されています。

 

血液が流れるように圧力を加えているのは心臓です。その心臓から遠くなればなるほど、圧力は弱まり、血液も流れにくくなります。「手の指先に冷えを感じる」というのも、指先が心臓から遠く、血液が流れにくいからです。

 

脚もまた心臓から遠く、血液が流れにくい部位なのです。その分、リンパ液もまた動かなくなり、これがむくみとなります。

 

さらにもうひとつ、悪い条件が加わります。「重力」です。

 

リンパ液も水分の一種です。ほかの影響がなければ、もちろん上から下に流れます。座ったり、立った状態ならば、下へ下へと集まり、なかなか上にはいってくれません。人間の体ならば、それが脚なのです。

 

だからこそ、「朝はそれほどでもなかったのに、午後になったら脚がむくんで、ブーツが入らない」といったことも起こるのです。

 

とはいえ、男性の場合、それほど脚のむくみは聞きません。筋肉には血液やリンパ液を押し流す働きがあります。男性ならば、脚には十分な筋肉があり、むくみも起きにくいのです。

 

下半身ばかりが太くなる「洋ナシ型肥満」が女性に特有なのも、「脚に十分な筋肉がなく、むくみやすい。そのむくみが定着して体脂肪になってしまう」というのが理由です。

 

ズバリ、脚を細くするには

むくみを取る
筋肉をつける
冷え性を治す(代謝UP,血行促進)
骨盤のゆがみを直す

ことが必要です!

 

2.脚が太る人の特徴

 

2-1.冷え性

 

冷えを感じることが多いのは、指先や足先です。心臓から遠い分、血液がスムーズに流れないのです。この理由で、ふくらはぎや太ももに冷えを感じる人もいます。

 

冷えを感じる部位は、同時にむくみの起きやすい部位です。

 

むくみの正体は皮膚の下にたまったリンパ(リンパ液)です。血液とリンパの動きは連動していますので、血行が悪くなるとリンパも動かなくなるのです。

 

リンパの中には脂肪(血中脂肪)や老廃物が溶け込んでいます。これが長く皮膚の下に残っていると、そのまま体脂肪の材料になってしまいます。

 

太ももやふくらはぎは、冷えが起きやすいと同時に、その部位が大きい分、体脂肪もたっぷりとためこんでしまうのです。

 

2-2.運動嫌い

 

運動嫌いが肥満につながる理由はいくつもあります。

 

@消費カロリーが減る、A心臓を激しく動かすこともないので血行が悪くなる、などです。

 

また、B筋肉の持っているポンプ役が果たせない、というのもあります。筋肉が動くことで、直接的に血液を押し流す効果もあるのです。

 

中でも、太ももは全身でも最大の筋肉の量があります。このポンプの効果も最大です。そのため、太ももを「第二の心臓」と呼ぶ人もいるぐらいです。

 

筋肉が少ないことでの悪影響も、全身の中でも太ももが最大です。逆に、もし集中的に鍛えたのならば、もっとも効率よく結果が出せます。

 

2-3.姿勢が悪い

 

「脚などが太っているけど、背筋がピンと伸びている」という人は、ほとんど見かけませんね。

 

ムダ肉が重くて支えられないのもあるでしょう。ですが、逆に「姿勢が悪いから、ムダ肉が付くようになった」というパターンもあります。脚はこのパターンでのムダ肉がつきやすいのです。

 

姿勢が悪いと、脚にも真っすぐに体重が乗りません。重くかかるところには、筋肉が付きます。逆サイドにはリンパが集まってきて、やがて体脂肪に置き換わってしまいます。

 

この筋肉&体脂肪で、太くて曲がった脚ができてしまうのです。

 

もし、この姿勢の悪さが骨盤のゆがみから来ているのならば、「背筋をピンと伸ばそう」といった心掛けだけでは治せません。
エステサロンの骨盤矯正コースか、整体院に通うのが解決の早道です。

 

骨盤矯正もしてくれるエステはスリムビューティハウスが有名です。
それ以外にも足痩せエステで効果が高いと人気のサロンはたくさんあるので、体験コースを利用してみましょう。

 

3.脚が太る原因は日ごろの生活の中に

 

薄着のシーズンが近づくなど、脚の太さが気になった時に、多くの人は食事の量を減らそうとします。実際に食事の量が多すぎるのならば、そうしましょう。

 

ですが、食事が問題ではないのに、ダイエットと称して極端に減らしてしまうと、体に負担をかけるだけです。リバウンドだって待っているでしょう。

 

ここまでに見たように脚が太る理由は様々です。それに合った対策をとらなければいけません。

 

エステサロンに通えば、いろいろな方法で脚やせを実現してくれます。即座に効果の実感できるようなケアもあります。

 

ただ、脚が太ってしまう原因の多くは日ごろの生活の中にあります。いったん脚が細くなっても、それらを改めない限り、また同じように太くなるのは時間の問題です。美脚なる習慣を意識して生活しましょう!

 

下半身デブの原因

脚がやせない理由はたくさんあるでしょう。

 

運動不足、食事のカロリーオーバーなどなど。あるいは生活習慣の問題、ストレスから来る場合もあれば、骨盤のゆがみからくる場合もあります。

 

なぜ太くなってしまうのか?原因に応じて的確な対策をとらないと思うように足痩せはできません。

 

間違ったセルフケアは怖い

 

「一生懸命下半身痩せ対策をしているのに、まったく効果がない…」とぼやいているような人もいるでしょう。そういった場合の多くは、原因をちゃんとつかんでおらず、間違った対策を選んでいる!ということです。

 

「やせたいな」と思ったら、すぐに「何日か食事を減らしてみよう」と考える人が多いです。確かにこれで数日、何食か抜くと確かに体重計の数字は落ちるでしょう。

 

しかし、これで「効果があった」とするのは大きな間違いです。これでは筋肉が落ちて、太りやすくなります。また、体脂肪が減ったところで、すぐにリバウンドしてしまえば今度はもっと脂肪が落ちにくくなります。

 

空腹を頑張って我慢したのに痩せないだけでなく体調を崩してしまいマイナス面ばかり。自己判断では何が原因かは分かりにくいのが下半身デブの特徴と言えます。

 

痩身エステのいいところ

もし、自分で原因がつかめないようならば、エステサロンの痩身コースなどを利用するものひとつの方法です。

 

当然、マッサージなどの施術により体脂肪も解消するでしょう。体全体を細くするようなメニューもあれば、特に脚の太さが気になっている人は、それを集中的にやるメニューを選ぶこともできます。

 

それだけではなく、自分の脚が太くなってしまった原因をプロに診断してもらえます。

 

エステは施術をしてもらうだけがサービスではありません。普段の過ごし方もアドバイスしてくれます。

 

食事に問題がある人は食事のアドバイス、エクササイズの習慣がない人には、どういったエクササイズが有効か、脚やせに効果的なマッサージの自分でのやり方……エステサロンはそういった情報を収集する場でもあるのです。

 

足だけを短期間で細くしたいなら集中ケアが効果的です。
≫≫格安の足痩せエステ人気ランキングはこちら