足(脚)が太くなる原因について

肥満の原因のナンバーワンは、オーバーカロリー(カロリーオーバー)です。

 

ミネラルやビタミンなどの栄養素はとり過ぎると、尿などに混ざって体の外に出されます。

 

カロリーにはそんな仕組みはありません。体脂肪に形を変えて、確実に蓄えられてしまいます。

 

ほかにもいろいろ原因とされることはありますが、オーバーカロリーがないと肥満することはありません。

 

ただ、オーバーカロリー以外にも、肥満をさらに悪化させる、あるいは体の一部だけに特に影響する要因はあります。

 

脚(足)が太くなってしまう場合は、むくみ(浮腫)と骨盤のゆがみです。

 

目次
1.むくみ
 1-1.むくみの正体は
 1-2.むくみが肥満の要因になる理由
 1-3.脚だけが肥満しやすい理由
2.骨盤のゆがみ
 2-1.骨盤のゆがみとは
 2-2.骨盤のゆがみと脚の肥満の関係
3.脚を細くするには

 

1.むくみ

1-1.むくみの正体は

 

「午前中はまだ問題ないのだけども、午後になると脚がむくんでパンパンになる」といった女性は少なくありません。

 

そのむくんだ脚の皮膚の下は、リンパ(リンパ液)でいっぱいになっています。むくみの正体はリンパなのです。

 

リンパは体液の一種です。もとは血液の一部なのですが、動脈から組織内に染み出してリンパとなります。

 

そのリンパはリンパ管の中に入る形で回収されます。リンパ管は先では静脈につながっています。こうやってリンパはもう一度血液の中に戻っていきます。

 

1-2.むくみが肥満の要因になる理由

 

血管から出て行く時のリンパは、脂肪(血中脂肪)を溶かし込んでいます。

 

細胞はリンパからこの血中脂肪を受け取り、エネルギー源として活動します。

 

その活動の結果できた老廃物を運び去るのもリンパの役割です。

 

ですから、このリンパが流れなくなり、むくみを抱えていると、いつまでも体の細胞に血中脂肪や老廃物が残ったままになります。

 

この血中脂肪や老廃物が材料となって、体脂肪ができてしまうのです。

 

1-3.脚だけが肥満しやすい理由

 

リンパがスムーズに流れなくなることの多い部位は、なんといっても脚やおしりといった下半身です。

 

@脚は心臓から遠いので、血液にも圧力がかかりにくい。血液の流れと連動しているリンパも流れにくくなる。

 

A筋肉が動けば、それに合わせて血液やリンパも流れる。特に脚の場合は「第二の心臓」といわれるぐらい、この役割が大きい。なのに、女性の場合、足の筋肉が少ない。血液やリンパも流れない。

 

Bリンパも水分でできている。もちろん体の中でも、重力の影響を受けて、下の方にたまる。だから、特に立ち仕事をしている場合、脚に次第にたまってしまう。

 

これらの要因は女性に強く影響してしまいます。なので、女性の場合、脚などが太い下半身デブになってしまいがちなのです。

 

2.骨盤のゆがみ

 

2-1.骨盤のゆがみとは

 

脚など下半身が太っている人は、骨盤がゆがんでいることが多いのです。

 

骨盤はほんの少しのことでゆがみます。「ほおづえをつく癖がある」「いつも同じ側の手で荷物を持っている」「歩き方に癖がある」などです。

 

一日一日の分は、ほんのわずかです。ですが、きちんと解消されず、どんどん蓄積していきます。気がついたら大きなゆがみになっているのです。

 

2-2.骨盤のゆがみと脚の肥満の関係

 

骨盤には、@中にたくさんの臓器を納め、保護する、A上半身の重みを支え、下半身と連動させる、というふたつの役割があります。

 

骨盤がゆがむと、その中にある臓器もゆがんだり、位置がずれます。その中を通る血管やリンパ管も形が変わり、血液・リンパも流れにくくなります。

 

これで脚やおなかに限らず、体全部が太りやすい体質になります。

 

また、脚には真っすぐに体重が乗らなくなります。

 

より重みがかかるサイドには筋肉が付きます。その反対サイドにはリンパがたまるようになり、やがて体脂肪ができてしまいます。

 

この結果、脚は全体が太くなるだけではなく、曲がっても見えます。このパターンのO脚・X脚の場合、決して骨から曲がっているわけではないのです。

 

3.脚を細くするには

 

脚を細くするには、もちろん、むくみと骨盤のゆがみを解消することが必要です。

 

むくみの解消で、すぐに効果が出るのはリンパマッサージです。皮膚の外から擦るようにマッサージして、リンパの流れを促してやるのです。

 

リンパマッサージにはちょっとしたコツが必要です。最初はエステサロンに通い、エステティシャンのやり方を参考にするのもいいでしょう。

 

骨盤のゆがみの解消の場合、自分でできることならば、ストレッチがあります。

 

また、全部が全部ではありませんが、エステサロンでも骨盤のゆがみ解消のケアを採り入れているところもあります。こういったところを選んで通うようにします。

 

より本格的に骨盤のゆがみを直すならば、整体院に通うことも考えましょう。

 

また、最初に申し上げたように、どんな肥満も大元にはオーバーカロリーがあります。

 

食事の内容を見直す、運動不足を解消するといったように、日ごろの生活から改めることも大事です。

 

足だけを短期間で細くしたいならエステの集中ケアが効果的です。
≫≫格安の足痩せエステ人気ランキングはこちら


むくみを撃退して美脚美人になる!

足が太い事を気にしている女性は少なくありません。
ミニスカートやショートパンツでさっそうと歩く美脚の人を、うらやましく見ている人も多くいるのではないでしょうか。

 

足が太い事を悩みにしている人は、体の他のところは太っていない事も多くあります。よく下半身デブという言葉を耳にしますが、上半身は痩せているのに下半身は太っているという人は少なくありません。

なぜ、足だけが太くなってしまうの?下半身デブの原因

 

むくみ

 

足だけが太くなる原因の多くは、むくみです。
様々な理由により体の老廃物が下半身に溜まり、足を太くしているのです。

 

足のむくみをそのままに放っておくと、セルライト化して象足になってしまいますから、早めにケアする事が大切です。

 

なぜ足のむくみは起きてしまうの?

 

むくみの原因として考えられるのが、塩分の取りすぎ、水分の取りすぎ、長時間座りっぱなしのデスクワークや立ちっぱなしの仕事などの同じ姿勢を取り続ける事、運動不足、冷え症などです。

 

また、重力が関係して足はむくみの出やすい場所でもあります。
特に女性は男性よりも筋力が少ないため、むくみやすいとも言われます。

 

むくみに関係しているのがふくらはぎの筋肉で、足は第2の心臓という言葉を聞いたことがないでしょうか。

 

心臓は体中に血液を送り出すポンプの役目をしていますが、足のふくらはぎの筋肉は血液を心臓に送り返すポンプの役割をしているのです。
そのため筋力が弱まると血の巡りが悪くなったり、老廃物が溜まりやすくなってしまうのです。

むくみ解消が足やせの第一歩

 

つまり、むくみを解消すれば足痩せできるという事です。

 

適度な運動をする、マッサージをする、食事に注意するなど出来る所から始めてみましょう。

 

すぐに効果を出したいというのであれば、エステに通うというのもアリです。若い人だけでなく、40代の人も短い期間で足痩せに成功していますから、悩んでいる人は思い切ってエステに通ってみるのも良いでしょう。

 

足だけを短期間で細くしたいなら集中ケアが効果的です。
≫≫格安の足痩せエステ人気ランキングはこちら